2020 年 10 月 23 日

LONDON ONLINE Radio にKey of Life+代表としてMC&DJMIXを提供

Key of Life+のレーベルを紹介してほしいとお話しをもらい、

ロンドンのラジオでRM jazz legayのダイジェストDJミックスと英語のMCを担当しました!

日本の最高のミュージシャンの紹介を海外に向けてでき本当に感無量です…

未発表のBlue Note Jazz Festival ライブ録音を収録!(1:19ごろ〜) これはかなりカッコいい演奏で必聴です!

RM jazz legacyのダイジェスト以外にも、Peterさんならではのファンキーな和モノセレクトが盛りだくさん。

フランスのレーベルからリイシュされた WAMONO A to Z 収録のジャズ・ファンク、福井良、福村博、鈴木弘、Ryo Kawasaki, WACK WACK RHYTHM BAND、60s日本のグループサウンズをテーマにしたThe Trumpなど、新旧のアーティストの楽曲を、ロンドンスタイルのMCで紹介してくれています。

アーカイブは以下リンクで聞くことができます。ぜひお聴きください♪https://www.mixcloud.com/…/peterplaydon…/

ロンドンのソウルコミュニティRadio、「Thames FM」のDJ Peter Playdonさんのレギュラー番組「 Red Drum 」をチェックしてください!Thanks a lot!!!!!ThamesFM 

https://www.thamesfm.net/

2020 年 10 月 22 日

Sven Wunder / わびさび ライナーノーツを執筆 

Sven Wunder / わびさび

世界初CD

💿

‼️

DISK UNION think labelから、すでにLPがプレミア化されているSven Wunderの2作品が2020/10/21リリースされました!和モノジャズファンク×アナトリアンサイケロック、アングラビート、そしてイタリアンライブラリー存在感まるまるサンプリングしたかのような、巧妙なこの話題作。ライナーノーツを担当いたしました

🖋

日本的なニュアンスの作り方とマニアックなイタリアンライブラリーとの接点、piano piano labelのキーマンやスウェーデンの国の制度など交えて解説しています。前回アップしたイギリスのラジオ番組でセレクトされている和製ジャズファンクもそうですが、本作でテーマになっている欧州からの和モノアプローチがすごく興味深い。改めて外からみた和モノの魅力を実感する今日この頃です。

2020 年 10 月 20 日

Rotary Konnection 〜it’s a Poppin’ time

今週木曜日、渋谷パルコB1のオーディオに特化したRecord cafe&bar @quattrolabo にて、日本が誇るレコードブランド東洋化成の本根さんをお迎えします!Tokyo カルチャーを作り上げてきた本根さんのパーソナルなコレクションは発見必聴です♪@technics_jp ターンテーブルSL-1200G 設置の高音質環境で、ゆっくりとカジュアルにご堪能いただけます。◎感染症対策を万全に実施いたします。

=============

Rotary Konnection 〜it’s a Poppin’ time

日時:2020/10/22 19:00~

場所:Quattro LABO 渋谷PARCO B1F   

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15−1 渋谷パルコ B1F

Guest DJ: 本根 誠

Resident DJ: 大塚 広子

同刻、QUATTRO LABO 公式Instagram @quattrolabo より配信https://www.instagram.com/quattrolabo/

毎年、世界同時開催されるレコードストアデイ。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、「RSD Drops」として8月、9月、10月の3回に分けて開催となりました。10月24日の第3弾を目前に控えた今回のROTARY KONNECTIONは、日本の運営を取り仕切る本根誠さんをお迎えして、ここ日本発のレコードを紹介します。本根さんは90年代から東京の音楽を生み出してきたスペシャリスト。Poppin’なTOKYOらしいクラシックスをかけていきます。GUEST DJ :レコードストアディジャパン事務局 東洋化成株式会社本根 誠Makoto Honne1961年大田区生まれ。cutting edgeにてニューヨリカン・ソウル、ECD、BUDDHA BRAND等数多くのアーティストを手がける。2005年の独立後、essence inc.を設立。プロデューサーとしてカーネーション、シーナ&ロケッツ等を手がける。音楽書籍の共著、編集も行い、2014年より国内随一のアナログブランド、東洋化成にて営業を開始。RecordStore Day、レコードの日等アナログレコード啓蒙イベントも従事中。

2020 年 10 月 20 日

K.O.L.Radio_1950s Jazz & Afro-Cuban Mix by Baker’s Mood

KOL Radio のNew mixをupしました

‼️

2016年に新宿ではじまった50s JAZZ 専門パーティー Baker’s mood の 池田 陽介さん 和地誠さんによる最高級50sJAZZ selection

‼️

匂い立つ。という言葉がぴったりの選曲なんです。細かな音のニュアンスや、音の間にあるくぐもった空気感や…50sの世界を初めて体験したような気分です。bpmは変えず文脈と繋がりを重視した絶妙な曲間と流れ。すべて当時のオリジナルvinlyで音質にもばらつきのあるため1トラック毎に検証し、中にはEQを施しさらに、イアホンで聞く人を想定しmp3で何度もフィードバックを重ねるなど、とても手をかけて制作していただきました。Baker’s Moodの名前の由来は、2人が敬愛するChet Bakerと、「DJ=職人」としての「Baker(パン職人)」の意味も。村上春樹の「パン屋襲撃」からの引用もされています。ジャズ職人たち「Bakers’」がつくりだす50sMOOD をどうぞご堪能ください

❣️

イベントは現在 高田馬場 Bar stereoで開催しています!ぜひこのmixを聴いてリアルなBaker’s Mood ご一緒しましょう♪

1 Bakers’ Intro – Lionel Hampton – Happy Monk

2 Bill Henderson – Senor Blues

3 Gigi Gryce – Blues in the Jungle

4 Chucho Zarzosa y su coniunto – Besame Mucho

5 Tony Bennett – Caravan

6 Stanley Turrentine – Niger Mambo

7 Roger Guerin – Night in Tunisia

8 Art Simmons – No Problem

9 Jazz Quintet 58 – Atli’s Moustache

10 Conjunto Carcara – Flying in to the Moon

11 Don Byas – Minor Encamp (Jor-du)

12 Chet Baker – Tabu

13 Tino Contreras – All the Things You are

14 Victor Feldman – Polyushko Polye

15 Frank Morgan – Bernie’s Tune

16 Ike Quebec – Mardi-Gras

17 Coleman Hawkins – Cry like the Wind

2020 年 10 月 1 日

おんぶDJ卒業・・

Boo-chan is not leaving here..

😅

He doesn’t want to just watch the DJ on his mom’s back anymore.

2020 年 9 月 21 日

Get together, phono cartridges!

eadrecord @yozokumitake_eadrecord さんから教えてもらい色んな種類のM44G カスタムを試し聴き.. セレクトは楽しい!!

I’m trying to listen to a custom SHURE M44G phono cartridges..!

現場用カートリッジ大集合! 棚卸し

🧹

Get together, phono cartridges!

😁
2020 年 9 月 18 日

ポストカード

MABOROSHINO NATSU 幻の夏 2020 post card ペンを取らせいただきました。—夏も過ぎ去り季節の変わり目、おかわりございませんか。 —お世話になっているstudio Bloomroomさんとの素敵な写真のタイアップ。モロッコ

🇲🇦

で撮られた写真とその追憶をテーマに、サウンドトラックをつくりました。またみなさまとご一緒できますことを楽しみにしております♪


2020 年 9 月 15 日

K.O.L.Radio_Japanese Ambient, Environmental, New Age Mix by Ken Hidaka

KOL RadioのNew Mixは、@Ken Hidaka さんによるJapanese Ambient,Environmental,New Ageの選曲です!

Wax Poetics Japanのblogを書いていた10年以上前にお会いして以来、日高さんの手がけている作品を通してリバイバルの流れなど勉強させてもらっていました。

海外レーベルが再発する和ジャズや和モノサントラなどのほとんどに携わり、まさに日本のレコードが世界で再評価される基盤を作った方です。近年、WRWTFWWやLight In The Attic、Music From Memoryなど海外での再発が忙しい日本のNewAge、環境音楽ジャンルも日高さんの活動によってますます脚光を浴びていますね。

日本のアーティストによるアンビエント、チルアウト系のコンピレイション『Oto No Wa』や、ビル・ラズウェルプロデュース作品(gigi)のアナログ化のキュレーションなど、日高さん監修による海外リリースはどれも評価が高い作品ばかり。今回セレクトされているレコードはどんどん価値が上がり再発もすでに入手困難なほど…!!

日高さんがBonoboで開催されている第1土曜日の長寿パーティLonestarも音質含め極上の空間です!9/16(水)はDommuneに、イノヤマランドの新作お披露会でDJとトークショーに出演されるとのことです!ぜひチェックしてください♫

日本トップエンジニア、オノセイゲンがArto Lindsayらと作り上げたCOMME des GARÇONSのファッションショーの音楽や、深町純がDCブランド(NICOLE)のために作ったプロモ作品、日本の環境音楽の先駆者、尾島由郎が青山の複合文化施設スパイラルの為に製作した曲など、日本の高度成長期を映す作品や、ヤン冨田や藤原ヒロシ、DUB MASTER Xたちの90年代サブカルチャーシーンを表す曲、そして、日本のポピュラーロックグループ、安全地帯のニューウェーブ的解釈の楽曲など、過去の音源がフレッシュな切り口でまとめられています。

2020 年 9 月 5 日

K.O.L.Radio_90s DJ Mix: UK Soul & Club Classics by The Funky Daitoryou & Hysa

今回は、岡山のシーンをみなさんとシェアさせてください

‼️

KOL RadioNew mix up from the great Funky Daitouryou and Hysa at @301_bar in Okayama!

今回は、岡山の音楽シーンを代表する DJ Funky大統領 & DJ Hysaさんのミックスをお送りします。

岡山城の、城下に佇むサウダーヂハウス。音楽の出会いがつながり、初めて岡山でDJしたのがここでした。

そのきっかけが今回のセレクター、ファンキー大統領 Satoshi Yamada さんです。80年代からDJ活動しているベテランDJでUKのレアグルーヴシーンを体に刻み、超絶レアな45sも愛情をかけて現場でプレイし育てていく。

そんなファンキー大統領さんは、岡山〜関西シーンの私の恩人です。潑剌とした語り口でフロアを鼓舞するMCは、ムードメイカーとしてのDJの役割を伝えてくれるもので、当時ストイックな方向ばかり向いていた自分にとって大きな刺激となりました。

現在、ファンキー大統領さんは、サウダーヂハウスの3FでオーディオにこだわったMusic Bar『301』で、土曜日の店長を担当しています。

301は、日替わりの店長制度があり、こだわりの選曲が楽しめる人気のスポット。今回は、日曜日の店長で、新宿『Milos Garege』、 六本木『Yellow』といった東京の伝説のクラブなどでも経験をもつ DJ Hysa Toshiyuki Hysamotoさんとの即興レコーディングMixです。

90年代のUKナンバーやソウルクラシックス、ジャマイカのアンリリース7インチなどが楽しめます!オーディオシステムにこだわった『301』のリラックスした時間をイメージし、コロナ禍の期間中も今までと同じように音楽を楽しんでもらえるようにという願いが込められたミックスです。

Intro

Soul II Soul / Keep On Movin

寺田創一&天宮志狼 Soichi Terada & Shiro Omamiya / Soul to Jipang (GOLDEN 90’s MIX)

Mad Doll / Walk On By

Hustlers Hc / Big Trouble In Little Asia

Machomovers / Smooth Operator

Nina Simone / Baltimore

Sade / Why Can’t We Live Together

Donny Hathaway / Valdez In The Country

Pharoah Sanders / You’ve Got To Have FreedomSting / Englishman In New York

Mighty Sparrow / Under My Skin

Glen Brown / I Wish You Love ( Unreleased Test Press)

Soulcrap / Gimme Little Sign

Marlena Shaw / California Soul

Nina Simone / Love Me Or Leave Me

Blaze / Where You Are

Ten City / All Loved Out

2020 年 8 月 30 日

司会に挑戦!Technics MOVIEに出演!

日本が誇るテクニクス 公式YouTubeチャンネルにて、オーディオ評論家和田博己さんと念願のトークが実現

🎙
‼️

ぜひご覧ください

❣️

テクニクスのプロダクトを通じて、未知なるオーディオの世界に触れるムービーが公開されました。いつかは機材を揃えたい、自宅で極上のリスニングをしたい―。オーディオや音質に関心を持ち始めたミュージックラバーに向けて、4名のオーディオ評論家がプロフェッショナルな視点から軽快に語ります。

第一弾は、1960年代からミュージシャン、プロデューサー、そしてオーディオ評論家として音楽業界の第一線で活躍する和田博巳さん。アナログレコードにこだわり、その魅力をクラブ&フェスシーンで広く伝えるDJ大塚広子さんを聞き手に迎えてお届けします。YouTube「パナソニック公式」チャンネルで配信中!プロフィールURLからもご覧頂けます◎

Technics Music Journal 第一弾公開

🔎
🔎

はちみつぱいのベーシストでオーディオ評論家として(珈琲焙煎家としても!)有名な和田博己さんと念願のトークが実現しました

🙏

和田さんリマスタリングの大瀧詠一の名盤CD&アナログ聴き比べから、Robert Glasperチームの近年ジャズ、さらに、めちゃくちゃ音がいいduft punkも

⁉️

・・収録以外でもオーディオルームの話やレコード談義が尽きません…

‼️

vol.2、3と、どんどん深みにはまる内容が用意されています!ぜひご覧ください

🎶
📽
🎙

・・YouTube「パナソニック公式」チャンネルで配信中!

🔽
🔽