NEW MIXができました!【 american clave Mixed By Hiroko Otsuka 】

 

NEWS!!!!!!

わたしの  MIX  作品 が ようやく 完成しました!!

 

今回は、

ニューヨーク ラテンコミュニティー のレーベルとして知られる

「 アメリカン・クラーヴェ 」

1980年から最新は2012年まで現在もリリースを続けるレーベルです。

 

キップ・ハンラハン という 奇才プロデューサーが

このレーベルをつくりあげているのですが、

彼は、有名な映画監督ゴダールや、

マイルス・デイヴィスのプロデュースで知られる

テオ・マセロに師事し、深く文学にも精通していて、

生まれ育ったブロンクスのラテン系移民コミュニティからみる

アメリカの文化社会について

音(のかけあわせ)で

言及しました。

 

もし まだ アメリカン・クラーヴェの CD を手にしたことがない方、

レコードでもってるけど、最近のクラーヴェは・・・

という方(わたしもその一人でした;)

一度 CD を 手にしてみてください

 

文学的だったり、映画のようだったりする

美しいデザイン と 言葉の引用

キップ本人の解説を見ても、

慣れ親しんだ 音楽パッケージとは

ぜんぜん感触が違うことがわかるとおもいます。

 
またキップ・ハンラハンのプロデュースワークは すでに

多種多用に変貌をとげる 20〜21世紀のジャズのなかの

一つのジャンルにもなっているようです

 

わたしもクラーヴェの音源をすべて聞き

映画を無音にして映像と一緒に

現場MIXをなんども繰り返しました

(1年越し・・!)

が、

結果2時間をこえてしまい

まずは 序章的に 60分 にまとめたのがこのMIX

 

わたしの嗜好がわかる方は

納得かと思いますがw

まるで恐怖映画・・ (DOPEとホラー 紙一重!?)

こうなったら開き直って

 

・・・ホラー映画さながらのハラハラ感で都会のアンダーグラウンドを彷徨い、耳元の囁きに導かれれ官能的な一時を過ごす。その間には躍動感あるダンスや、穏やかで埃っぽいクラーヴェのリズムがあって。でも気づくと全部それは夢の出来事のようにいつしか遠ざかり、扉を閉ざし、過去のものとなった。・・・

 

そんな都会の夜をイメージした60分です。

朝聞き厳禁(笑)

このJJazz,Net のページから

ディスクユニオンさんとの共同企画として

作品解説〜購入まで

スムーズに調べることが可能です。

 

以下に トラックを記載したので

ぜひ チェックしてみてくださいね♪

ちなみに 一番トラックを使用したアルバムは

El Negro & Robby「AT THE THIRD WORLD WAR [la timba no es como ayer]」

バラエティ豊富で 1曲1曲の個性が際立ってます!!おすすめ!

41

 

あわせて、毎月20日更新の連載 神保町ジャズ部 にて

わかりやすい アメリカン・クラーヴェの特集をしています。

こちらも 聞きながら ぜひ 見てみてください!

神保町JAZZバナー

 

 

 

_

 

JJazz.Net特別企画「american clave Mixed By Hiroko Otsuka」

JJazz.Net_special
N.Y.生まれの鬼才、キップ・ハンラハンが主宰するレーベル「american clave」の音源を

DJ大塚広子が選曲&MIX。都会の夜を演出する官能的でストイックなサウンドをお楽しみ下さい。
選曲/MIX:大塚広子 http://djotsuka.com

放送期間:2014年3月26日~2014年4月23日(17:00)

 

american clave 公式サイト

http://www.americanclave.com/

american clave 日本サイト(ewe)

10

 

 

american cleve MIXed by Hiroko Otsuka

1 Kip Hanrahan / Shahrazade(opening)  [A Thousand Nights and a Night] 0:00~

2 Kip Hanrahan / No Baby(1) [At Home Anger, which could also be called IMPERFECT, happily] 05:33~

3 Alfred Triff / Club Casino de la Playa [21 Broken Melodies At Once]06:07

4 El Negro & Robby / Far From Beirut(Lino 5)[At The Third World War (la timba no es como ayer)]07:30~

5 Paul Haines / Curtsy [Darn It!] 09:05~

6 Astor Piazzola / TanguediaⅢ[Tango: Zero Hour]11:10~

7 Teo Macero / Un Poco Diablo [Teo]14:31~

8 Kip Hanrahan / You can tell a Guy by his Anger [Exotica] 14:50~

9 Conjure / Loup Garou Means Changes Into [Cab Calloway Stands In For The Moon」17:30~

10 El Negro & Robby / Awe Shocks [Onto The Street(Still at the Third World War)]20:40~

11 El Negro & Robby / 3 for Africa [At The Third World War (la timba no es como ayer)]27:07~

12 Kip Hanrahan / One Summer Afrernoon (for Gil Evans)[Beautiful Scars] 30:20~

13 El Negro & Robby / The Moon Shows Red(Tsuki ga akaku michiru toki)) [At The Third World War (la timba no es como ayer)]33:47~

14 Jerry Gonzalez / Nefertitti [Ya Yo Me Cure] 36:50~

15 Piri Thomas / Mom and Pop Had Filled My Eyes With the Wondrous City [Every child is born a poet]44:45~

16 Alfred Triff / Distant Shore Dreams [21 Broken Melodies At Once]47:20~

17 Kip Hanrahan / …faith in the pants, not in the prick…” (Vallejo’s Folk Song);[Tenderness]48:46~

18 Kip Hanrahan / Real Time And Beautiful Scars [Beautiful Scars]53:42~