7/15(sun祝前)山形 米沢市でDJ!!

7/15 祝前 の山形 米沢市 に初めて参ります!

以下ご紹介です!とても楽しみです!!

 

来月7月の夏真っ盛りに
米沢中央に今年OPENした ToNna TowN
にてDJ 大塚広子in米沢 開催します。
さらにCHE3CHEE aka HIKITCHによるサックスセッションも実現し濃厚な夜になりそうです!

開催場所ToNna Townは音楽やサブカルチャー全般好きの多趣味な店主さんがおり、名古屋DJ機器専門のOTAIRECORDさんのワークショップも開催しているという米沢ニューカオススポットでございます!
この機会にぜひ遊びにきてみてくださ〜い

 

『大塚広子 in yonezawa』

2018/7/15 sun
20:00start
@ ToNna TowN(米沢市中央1-8-21)

door 2000yen(1Drink)

GUEST DJ 大塚広子

SAX session CHE3CHEE aka HIKTCH

DJ’s oshowsinight dj’s
(KEESO,TAN,KUWAKEN,HICHA)

food 桑原とうふ

Soundsystem by DAIZY CAFE

大塚広子(DJ/音楽ライター/プロデューサー)

ジャズをメインにDJ歴20年。アナログレコードにこだわった1960代以降のブラックミュージックの音源発掘から、現代ジャズ、クラブミュージックまで繋ぎ、ワン&オンリーな“JAZZのGROOVE”を呼び起こすDJ。徹底したレコードの音源追求と、繊細かつ大胆なプレイで全国的な現場の支持を得て、ニューヨーク、スペインの招聘、東京JAZZ、2度のFUJI ROCK FESTIVAL、Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN等出演。クラブシーンのみならず老舗ジャズ喫茶やジャズライヴハウスで、評論家やミュージシャンとのコラボレーションを積極的に行い、柔軟なセンスで音楽の楽しみ方を提示している。DJ活動の他、メディアでの執筆、選曲監修、伊勢丹新宿店をはじめ企業の音楽イベントプロデュース、自身のレーベルKey of LIfe+を主宰。現在生まれる音楽を審美眼を活かした切り口でまとめあげたコンピレーション(PIECE THE NEXTシリーズ)や、気鋭ミュージシャンを束ねたプロデュース・ユニット(RM jazz legacy)のディレクション、リリース活動なども行う。DeAGOSTINIジャズレコードコレクション(2016年創刊号及び、書店PR文)、朝日新聞(2017年7月「ジャズと私」コーナー)、読売新聞(2018年2月「くらし家庭記事」)などジャズ及び、アナログ・レコード普及におけるオピニオンリーダーとしても活躍。

HP
djotsuka.com

 

CHI3CHEE a.k.a HIKITCH

“THINK TANK”のSAX・エンジニア・トラックメイカーを務めるマルチアーティスト。LORD PUFF、KILLER-BONGの相棒。2人のプロデュースユニット“CUATROCIENAGAS”は多くの“BLACK SMOKER”作品に関与する。 2006年には、ソロアルバム『PIPE LINE』をリリース。その後も現場で様々なDJやミュージシャンとセッションを交わす。2011年夏、拠点を「愛と儀のまち米沢」に構えそこから様々な人たちと交信中…
現場では艶やかでしっとりとした濃厚な甘い音色があなたを熟させてくれることでしょう…

https://twitter.com/chi3chee
instagram.com/chi3chee/