本田珠也カルテットTAMAXILLEデビュー作ライナーノート担当しました!

本田珠也カルテット改めTAMAXILLEのデビュー盤ライナーノートを担当しました!6月新宿ピットインでの公開ライヴ録音!当日は本田珠也、類家 心平、井上 銘、須川崇志 全員がタレント性光るメンバーなので、その音や姿をひとつも見逃すまい…という空気に溢れてて外国人や若い女性同士のお客さんもたくさんでしたね。

珠也さんのインタビュー、実は、ずっと念願で。

ピットインにDJブースを提案設置した後、珠也さんがよくレコードをかけていたり、地方遠征のたびレコード屋に足を運ぶといった、同じ習性(笑)をもっていること。あと、私の活動もTRIO record(お父さま本田竹広さん代名詞的レーベル)→somethin’else (珠也さんのデビュー作はここ)のミックスCDにつながったりして、

私の大好きな日本のジャズのレコードの価値観を今につないでいる人だということで、私には特別でした。もちろん、ズシンガツンとくるドラムの一発も好きで。

ということも色々きいていたら、バーナード・パーディや、ジェイムス・ブラウンのバンドのドラムの話しなど、黒人の会話としてのドラムのあり方について、とても面白い話しをしてくれました。
各メンバーとの出会いや関係性、レコードコレクターの珠也さんだけに、選曲の参考になっているレコード(Jack DeJohnette ‎/ New Directions 

やレアなブート盤も!)のことも書いています。
11/28リリースライヴもありますね!ぜひ作品と合わせてお見逃しなく!!
http://diskunion.net/sp/clubh/detail/1007497103